FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

五大疾病

五大疾病
秘教治療に五大疾病というものがあります。
性病・ガン・心臓病・結核・精神病の五つです。

西洋医学では、
例えば胃の病気一つを取ってみても、
胃拡張から胃炎・胃痙攣・胃下垂など、
幾つもの病名があります。
胃だけでなく肉体の一つひとつの部位による専門医がいます。

秘教治療の五大疾病は、
それぞれのエネルギー中心に関わる
代表の病気名を一つあげてあるだけです。

つまり性病は仙骨チャクラ、
ガンは太陽叢チャクラ
心臓病はハートチャクラ
結核は喉チャクラ
精神病は頭チャクラの病気です。

太陽叢チャクラが関係するガンの根本原因は
アストラル体(感情体とも情緒体ともいう)の発達と関係があります。

遠くレムリア時代後期からアトランチス時代の初期にに
ガンという病気が初めて登場し、
以後ガンで亡くなった人の
死体が土葬にされていたことが
長い間の人類の習慣となっていました。
それで地球の土そのものの中にガン因子が含まれています。

私たちの肉体は、
地球の土(チリと言っていいかもしれません)からできていますので、
誰でもがん因子を持っています。
だからがんを発症する可能性は誰にもあります。
これは「不徳の分かち合いの古代法則と言われています。

つまり自分に病気の原因を作る重大な過ちはないけれど、
人類全体の病気のカルマを「分かち持つ」ことになります。
ガンの主な責任は個人の過ちというよりも人類全体にあります。
神はそのような場合、
神の子であるその人を
ガンから解放する愛をお示しにならないということがあるでしょうか?

秘教治療のテキストの中の法則Ⅱを参照してください。
その中に「不徳の分かち合いの古代法則」は
「善支配の古代法則」にとって代わられると述べられています。
スポンサーサイト



  1. 2013/01/23(水) 17:44:57|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ガンについて | ホーム | 終末医療について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/964-f1515862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)