FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

1度ごとの意味

1度ごとの意味
黄道帯十二宮の各サインは30度ずつで、
その1度ごとに意味が異なる
ということを昨日のブログで述べました。

このことは昔の占星学者たちには、
早くから知られていたようです。

近年、と言っても20世紀になってからですが、
アメリカの占星術師マーク・エドモンド・ジョーンズが、
透視能力者エリス・フィラーに
星座の名前と度数のみを書いたカードを渡し、
脳裏に浮かぶイメージを
言葉で表現してもらいました。

それがサビアンシンボルの始まりです。
関心のある方は、次のサイトを覗いてみてください。
http://member.fortune.msn.co.jp/fortune/bell/sabian360/free/about.html

ご自分の進行したASCと
進行したMCの位置が分かっている方は、
その位置のシンボルの意味を見ると、
何かが得られるかもしれません。

ちなみに
私の進行したASCと
進行したMCの位置は、
それぞれさそり座の11度と、
しし座の17度で、
そのサビアンシンボルの意味は、
日本のサビアン占星家松村氏によれば、
さそり座11度は「甘えることで、新しい結びつき」という意味と、
しし座17度は「日常のささやかな幸せを大切にする」という意味だそうです。

何やら意味深長です。
これはもとシンボルを松村氏なりに解釈したことで、
別の解釈も成り立ちそうです。

スポンサーサイト



  1. 2013/01/13(日) 22:02:39|
  2. 秘教占星学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インテルの長友選手 | ホーム | 誕生時刻の修正>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/954-7baee156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)