FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

オーブとは

オーブとは
西洋占星術でオーブというと、
それは感受点の許容範囲のことをいいます。

たとえば、
120度の第一種のアスペクトのオーブを
10度に設定すると言えば、
二つの星の作る角度が正確に120度ではなくても、
110度から130の範囲であれば、
二つの星は「トライン(120度の吉座相)を作っている」といいます。

このオーブの設定には諸説あって、
10度にしている占星学者もいれば、
8度に設定している占星学者もいます。

30度や45度や150度の第2種のもの、
72度や144度の第3種のものは、
アスペクトが第1種のものよりも、
オーブが小さいことはもちろんです。

星の品位によっても、
オーブが変化します。

あまり複雑になるので、
その辺は個々の場合に考慮します。

ところで、
未来診断法の1日1年法では、
進行したASCと進行したMCのオーブは、
普通は3度以内に設定します。

というのは、
生誕時刻を秒単位まで
正確に記録されていることはありませんし、
前のブログで述べたように、
2,3分のずれは良くあることです。

それに、ぴったり正確にアスペクトする時期だけでなく
大体3度ぐらい離れていても影響力があります。
二つの星の相性によって、
近づくときの影響が
離れるときの影響よりも強いものもあれば、
逆に近づくときよりも
離れるときのほうが影響が強くなるものもあります。

だから今年1年の運勢を見るといいますが、
前後2、3年の運勢も関係しています。
スポンサーサイト



  1. 2013/01/11(金) 22:28:48|
  2. 秘教占星学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<誕生時刻の修正 | ホーム | 占星学は精密科学>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/952-e3014b9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)