FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

レオ人について

レオ(しし座)について
みずがめ座のことを書きましたので、
しし座(レオ)のことを書きます。

レオの支配星は、
顕教的にも秘教的にも太陽です。

太陽は威厳と独立心を授けます。
レオ生まれの人、
もしくはレオを上昇宮(ASC)に持つ人に
意見をするとか、
間違いをただすとかの行為は、
まったく役に立ちません。

ライオンに狐が説教するようなものです。

ライオンは独立独歩、
わが道を行きます。
そのような威厳があります。

レオ人はどことなくリーダーの雰囲気があり、
周囲の人々は彼の意見に耳を傾けます。

横道十二宮で
レオの反対側にあるアクエリアスでは、
太陽は落下もしくは敗となり、
アクエリアス生まれの人には威厳がありません。

しかしアクエリアス生まれの人が
グループ意識に目覚め、
レオとのバランスを獲得すると、
グループのリーダーとなりうる資質を獲得します。

正反対にある星団からの
エネルギーを取り込むようになるからです。

このことは
レオとアクエリアスに限らず、
どの星座についても言えます。
スポンサーサイト



  1. 2012/12/22(土) 22:21:34|
  2. 秘教占星学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<道の曲がり角 | ホーム | マヤ暦の誤解に基づく人類滅亡説について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/931-037b573f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)