FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

禍福はあざなえる縄のごとし

禍福はあざなえる縄の如し
運命学を深く学ばれた方なら
お分かりでしょうが、
世間一般に考えられている
不運とか凶の意味は
ある見方をすると、
大きなチャンスのときでもある
ということが分かってまいります。

このことと関係があるのかわかりませんが、
よくアストラル界は逆転した世界である
ということが言われています。

神社などのご神体に
金属製の「かがみ」が使われていて、
いつかのブログで、
「かがみ」から「が」をとると、
「かみ」になる、
と述べたことがあります。

それとかがみには
左右が反対に写っていることもあって、
このことが
現象世界は逆転した世界であることを
伝えているという気がしています。

アストロジーという言葉が表しているように、
占星学はアストラル界のことばを
読み解く学問です。

そこで初めにもどりますが、
占星学でいう凶座相のとき、
人は緊張を強いられ
苦難の時期ですが、
その苦難を克服しようと、
マインドを働かせ、
自分の我を捨てることによって、
解決の方法を発見することができます。

もちろん凶座相のときに
あくまで自分の我執を取り除くことができなくて、
更なる泥沼に入り込む人もいます。

星が作り出す吉と凶の座相は、
真に「塞翁が馬」
「禍福はあざなえる縄の如し」といわれている通りです。
スポンサーサイト



  1. 2012/12/06(木) 22:11:33|
  2. 秘教占星学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<占星学のASC | ホーム | ASCのこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/914-693fb23e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)