FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

大師か覚者か

大師か覚者か
AABライブラリーの本では、
Masterの訳語は、
大師に統一してありますが、
私はどちらかと言うと、
「覚者」という訳語の方がすきです。

ただし、Masterという言葉が、
第五段階以上のイニシエートをさすとは限らず、
明らかに第三段階のイニシエートを
指していると思われる場合には、
単にイニシエートという言葉を当てはめた方がよさそうです。

大師という訳語は、
沖縄の仲里先生が
「ヒマラヤ聖者の生活探求」という本の中で使われ確立された
伝統的な訳語です。

私は大師という言葉から、
弘法大師を思い浮かべてしまい、
第五段階以上のイニシエートに対して
使用するのをためらいます。

第三段階のイニシエートに対する訳語は、
マスターそのままでよいのではないでしょうか?

アリス・ベイリー著作集のなかでは
Masterはたいていは、
KH(クートフーミ)覚者かM(モリア)覚者か
その他の覚者をさしています。

ご自身が覚者となられたDK(ジュアルクール)覚者が
Masterと呼ばれるのは、
第六段階のイニシエートですね。
スポンサーサイト



  1. 2012/10/27(土) 22:49:57|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<散歩 | ホーム | 樹木医の話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/874-f0b9f0cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)