FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

第一光線と第六光線

第一光線と第六光線の区別
光線構造についての勉強し始めた頃、
欲望の第六光線を
意志の第一光線と混同しがちでした。

確かに物質界での色彩は
似ていなくもありません。

第六光線は、
しばしば血液の色と同じ
真っ赤であると言われています。

それに対して、
第一光線の色は、
「ホワイト・マジック」の中の
「死からの解放」という節に述べられています。

死者を送り出すとき、
葬儀場において、
部屋の照明は白い蛍光灯よりも、
第一光線の色である
ろうそくの明かりか、
黄色の白熱電灯の明かりが望ましいと書かれています。

人の特質として表現される
第六光線エネルギーは、
欲望・犠牲といった感情要素が
多く見受けられます。

第一光線には感情要素はなく、
メンタル的で
断固とした決意・一貫した行為・パワーを感じます。、
魂的表現では、
神の大計画に沿った行いの表現となります。

自然界では、
一日のうちで、
太陽が西の空に沈む一瞬に、
第一光線の色を表現すると
「秘教瞑想に関する手紙」という本の中に書かれています。

第一光線の顕現の仕方が
毎日の太陽によって
象徴的に示されているなんて、
神様も心憎い配慮をされますね。
スポンサーサイト



  1. 2012/08/30(木) 21:10:19|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<光線に飢えること | ホーム | ヘラクレスの冒険>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/813-e0b05b10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)