FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

三国志第79話を観て

三国志第79話「黄忠、矢に当たる」を観て。
齢75才、ゴコ大将軍の黄忠は、
主君劉備玄徳にこう言います。

「むなしく生きながらえるよりも、
 大事な決戦のさなかで、
 死ぬことが私の望みなのです。
 呉軍の精鋭10万の兵をおびき寄せるえさとして、
 私に下命してください」。

このシーンを見ながら、
私は「主のために、
   死んでもいいと思っています」
と語ったあの人の言葉を思い出していました。

2千年前王を喜ばすために、
ダンスを踊ったサロメの求めに応じて、
ヘロデ王は洗礼者ヨハネの首をハネました。

フランスの詩人バレリーがその情景を描いています。
ペテロの他、
12使徒の多くの弟子たちは、
伝道の仕事のさなかに、
ローマ帝国の皇帝たちに命を奪われています。

今の時代は、
伝道のせいで命を奪われることはありませんが
世界奉仕者たちは何らかの犠牲を
喜んで捧げたいと思っているに違いありません。

犠牲は第六光線の特質です。

肉体の死を怖れないのは、
第一光線の魂の特質です。

私は命を捧げることができませんが、
何を捧げて、「武勇を示す」ことができましょう?
参考:メッセージ第72信
スポンサーサイト



  1. 2012/08/18(土) 22:44:43|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<七光線論について | ホーム | 井出治氏のこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/799-1b40d2e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)