FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

種となる思考のある瞑想

種となる思考のある瞑想
学生の頃、
直観がやってきたときのことを思い出します。

一つのことに
具体的マインドを使って
何日も集中しているのは、
種としての思考のある瞑想の一種といえます。

途中で諦めることなく、
脳みそをギュと絞るような感じで、
長い間その問題に取り組んでいると、
ふとそのことから意識が離れ、
リラックス状態になるとき、
思いがけず問題の解答が見つかります。

ゲームの難問も同様です。

リラックッスしたとき、
具体的マインドではなく、
抽象的マインドが機能すると考えられます。

この直観がやってくるときが、
一種のゼロ点だと思います。

マインドのゼロ点を意識的に作るには、
一点に集中して
マインドをギュと絞り続け、
いくら考えても解答が見つからないと諦めて、
フッと力が抜けたとき、
つまり集中から解放される一瞬が
ゼロ点となりえます。

禅問答で、
回答の見つからない問題に集中することは
抽象マインドを喚起する優れた方法だと思います。

普段から
アジナ中心に集中していると、
人生上の難問の最善の答えが、
直観を通してやってくるような気がします。

このようなことを書きますと、
いかにも私が人生の難問の最善の答えを
得ているかのようですが、
決してそうではありません。

ただ種となる思考と
それがない思考の違いについて、
読者の皆さんに考えていただきたいと思っている次第です。
スポンサーサイト



  1. 2012/08/11(土) 21:56:31|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大宣言について | ホーム | 種となる思考のない瞑想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/792-d9d376b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)