FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

大宣言について

大宣言について
昨日の瞑想の折、
友人からある提案がなされました。

ビデオ講演会の来場者から出される
「大宣言」についての質問に、
私たちはどのように答えるべきか
という問題について考えることです。

大宣言は、
BCが日本で講演を行うようになった
1984年当時から、
明日にでも行われる感じでした。

「マイトレーヤからのメッセージ」
(「日本語版「いのちの水を運ぶもの」)
をよく読みますと、
「もうすぐ」という言葉が
頻繁に使われていることに気づきます。

このメッセージは、
1980年代にマイトレーヤから伝えられたものを
筆記したものですから、
本当なら大宣言は1980年代に
行われていてもおかしくありません。

しかしBCが人類を代表するマスメディアに、
マイトレーヤという人物を探して
発見するように促したにもかかわらず、
あまり有名ではない小さなマスコミの記者一人が
真剣にさがしただけで、
ハイラーキーが予定していた
世界のマスコミがネット・ワークを結びつけ、
世界中にTVで放送するというイベントは、
おこなわれませんでした。

この間の事情が
パトリシァ・ピチョン著
「マイトレーヤを探して」という本に
詳しく書かれています。

マイトレーヤご自身が
世界の重要人物・影響力を持つ各国の国王や国会議員を招いて、
ご自分を紹介しました。

このことは毎月のSI誌に
はさまれている黄色の用紙に
「世界教師出現の過程」として掲載されています。

ハイラーキーの当初の予定は、
20世紀中に新しい文明の幕開けが行われると
私はブログに紹介しました。

なぜこれほど「大宣言」が遅れているのか?

動画スライブを観ると、
その事情がよくわかります。

秘教の教えの中で
「左手の道のもの」とか、
「ブラック・ロッジ」に属する人々、
「物質主義の勢力」、
「暗い容貌を持つ主方」の影響下にある人々
と述べられている人々。

アダムスキーが
「ウォール街を牛耳っているサイレント・グループの人々」
と述べている人々は、
世論を操作できるように、
主要メディアを自分たちの影響下に入れています。

主要メディアの記者たちは、
自分の首をかけて、
報道しなければなりません。

私たちは
大勢の一般大衆が目覚めて、
マスコミを動かすことができるようにしなければなりません。

大宣言を待ちわびている人々には、
残念なことかもしれませんが、
熱誠家(志向者)と呼ばれている人々は、
奉仕するチャンスが広がったと考えるべきです。
スポンサーサイト



  1. 2012/07/29(日) 05:40:43|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<情報について | ホーム | ハート中心>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/778-dcf0b8d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)