FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

ぼたもちの話

ぼたもちのはなし
前回、一杯のお茶に込められた
感謝のエネルギーというお話をしましたので、
もう一つ感謝の気持ちを込めた
食べ物の話を思い出しました。

先生は一頃大阪に住んで、
いわゆる「三助」と呼ばれる
風呂焚きの仕事をしていたことがあります。

仕事がオフのとき、
街中を歩いていると、
体格の大きな男が
路上で出店を開いている人に絡んでいるのを発見しました。

その大男は
出店の主人に「めかじき料」と言って、
小遣い銭をせびっていました。

先生の体格はその人よりも劣っていましたが、
海軍で鍛えてあったので、
恐れることなく近づいて、
その男を引っ張り出し、
その場に投げ飛ばしてしまいました。

そんなことがあって、
しばらく後に再び街中を歩いていると、
あの大男が今度は別の出店を開いている人から
小遣い銭をせびろうとしていました。

先生がつかつかと近づくと、
その男は急におとなしくなり、
先生に頭を下げて侘びの言葉をのべました。

先生はその男を裏道へと誘い、
そっと小遣いを渡し、
このようなことから足を洗うように声をかけて
その場をさりました。

それから何年か後、
再びその大男と街中でばったり出会いました。

するとその大男が先生にお礼がしたいので、
お住まいを教えてほしいと言いました。

住所を教え家に戻っていると、
あの大男が重箱を持って現れ、
以前にご指導いただいたおかげで立ち直り、
今はかたぎの仕事についています。
あの時のお礼ですと言って重箱をさしだしました。

重箱を開けると、
そこにぼたもちが入っていました。
ぜひ召し上がってくださいというので、
食事を済ませたばかりで満腹になっていたが、
どういうわけかぼたもちをその場でぜんぶ食べてしまいました。

ところが腹がなしくはなりませんでした。
好きなものは別バラと言うが、
その時のぼたもちは、
特別なエネルギーであったような気がする、
とお話しくださいました。

胃という臓器に幽門と名づけられた出口があるが、
その門をすぎると、
アストラル界とつながっているかもしれないと言われました。
スポンサーサイト



  1. 2012/03/30(金) 05:01:09|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<母の偉大なる愛 | ホーム | 一杯のお茶に込められた感謝のエネルギー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/649-fb31fcc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)