FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

一杯のお茶に込められた感謝のエネルギー

一杯のお茶に込められた感謝のエネルギー
こんな話を先生がしてくださったことを思い出しました。
昔漁村近くで荷車を引いていた人がいました。

その人は、漁港で水揚げされた魚を
街中の魚屋さんまで届けるために、
荷車を引いていくのでした。

途中貧しい老婆が一人住まいしている家があり、
その老婆が魚が食べたいと声をかけたので、
「魚一匹あげるよ」と言って
荷台にある一匹の魚を老婆に差し出したところ、
老婆は喜んで一杯のお茶をご馳走しました。
その一杯のお茶をいただいて
荷車引きは体が不思議に休まるのを感じました。

以後車引きの人は、
老婆のところに立ち寄り、
魚一匹と交換に
一杯のお茶をご馳走になることが習慣となりました。

年月がたち、
ある日いつもどおりに老婆の家に立ち寄ると、
老婆はあの世へと旅たっていました。
楽しみにしていた一杯のお茶をいただくことができなくて、
さびしい思いで街中の商店まで魚を届けましたが、
それまでとちがって体がひどく疲れていました。

やがて車引きの人は、
あの一杯のお茶が
どれほど疲れを癒していたかを知ることになりました。

車引きの人は途中で食事を取るようになりましたが、
それでも街中の商店に到着する頃にはひどく疲れていました。

感謝の気持ちが込められた
あの老婆の一杯のお茶にかなうものは
何もないことが分かりました。
スポンサーサイト



  1. 2012/03/29(木) 03:26:59|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ぼたもちの話 | ホーム | 個人瞑想がはらむ危険>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/648-0af3ef8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)