FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

スフィンクスの謎をご存知ですか?

スフィンクスの謎をご存知ですか?
ギザのピラミッドの前にある
スフィンクス像は
あるエジプト学の学者によれば、
エジプト文明が栄えた時代よりも
はるかに古い時代のモニュメントであると主張されています。
彼は、像に残された洪水跡の年代測定を根拠にしています。

それが本当であるかどうか私は知りませんが、
この巨大な像の意味することは何でしょうか?
その意味が突然私にひらめきました。

ギリシャ神話やメソポタミア神話にも登場する
スフィンクスの謎かけは有名で、
その問いは誰もが知っています。

すなわち
「朝は四本の足、昼は二本の足、夕べは三本の足で歩くものは、何か?」
という謎かけで、
これに答えることができない者は、
スフィンクスに食べられてしまうという神話です。

今では子供もその答えを知っていて、
「それは人間です」と答えるでしょう。

この神話は秘教的真理を伝えるものです。

人間は群魂である動物界から個別化というイニシエーションを経て、
人間界へと転生します。

初めのころは、
動物意識とほとんど変わりなく、
自己保存・利己主義・欲望の本能のままに
多くの生涯をすごします。

これが数字の四、
すなわち四本足で象徴されています。
4は、パーソナリティーを構成する四つのもの
(肉体、エーテル体、アストラル体、メンタル体)
も象徴しています。
ダヴィンチの人体を幾何学形態になぞらえた有名な図では、
人間は正四角形の中にも円の中にもぴったりと収まっています。

個別化は、
かに座のサインではじまると伝えられています。

多くの生涯を過ごしパーソナリティーを完成させます。
しし座で一応は自我を確立します。
頭は人間ですが、
体はライオンそのままです。
(続きは明日のブログで)
スポンサーサイト



  1. 2012/01/17(火) 03:19:23|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スフィンクスの謎の続き | ホーム | うさぎと亀の物語>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/576-37a8670d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)