FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

グッド・バイとア・ディウについて

グッド・バイとア・ディウについて
英語のグッド・バイとフランス語のア・ディウは、
とものお別れの挨拶の言葉です。

GOOD-BYは
たぶんもともとはGOD-BYだったと思います。
フランス語のア・ディウはA・DIEUで、
「あなたを神にゆだねます」
が本来の意味です。
でも今は永遠のお別れのとき、
または今生最後の別れのときに
用いる挨拶の言葉です。
さようならと日本語に直すだけです。

二つとも別れる人にたいして、
「神様がそばにいますように」
という祈りの言葉です。

福音書のヨハネは、
「はじめにことばありき。
 ことばは神とともにあった」
と述べています。

これらの別れの挨拶を使った
昔の人々は、
日々実在を実感していた人々に違いありません。

今日の私たちは、
もともとそれらの言葉が
意味していた本当の意味を忘れて、
ただ肉体の別れだけを
意味する言葉として使っています。

長い転生周期の間に、
エゴ(偽我)意識による
観念の層を積み重ね、
本来の意義をまったく忘れてしまいました。

愛に目覚めて
改めて言葉の本来の意義を知ると、
あなたも別れる友に対して、
「神様がそばにいますように」
という祈りの言葉を発したいと
思うでしょう。
そしてその言葉は、
本当に力を発揮します。
スポンサーサイト



  1. 2012/01/06(金) 06:15:18|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松竹橋について | ホーム | 愛を通して大いなる神の愛を知る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/565-bb364de1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)