FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

祈りによる瞬間治療について

祈りによる治療について
以前に
グループ治療についてのブログの中で、
次のような話しを書きました。

「私の家内は介護の仕事をしています。
以前は私の言うことなど
全く耳をかたむけませんでしたが、
自分の父親が今にも死にかかっていたときに、
私が秘教治療をおこなって、
寿命が延びたことを目撃してからは、
私の言うことを素直に聞くようになり、
毎日の瞑想を欠かさなかったようです。

「ある日、
 自分のお客さんの老人の方を介護しているとき、
 その老人の方がギックリ腰になりました。
 家内はこう思いました。
『この方のギックリ腰は、
 本来この方が患うべきことではなく、
 家族の他の人のために、
 犠牲となられたのだから治るはずだ』と考えて、
 愛の想念でその方の魂とと一つとなりました。
 その方は、自分の完全なる姿を思い出し、
 その瞬間にその方のギックリ腰は治ったのでした」。

これは、気のエネルギーを用いた治療ですが、
第四光線の魂による治療のテクニックの一つです。
つまり、二つの統一という方法です。
この話しの中には、
私たちが学ぶべき、
治療の心得についての
重要な要素があります。

それについて述べます。
まず病気の症状を
真の姿として受け入れるのではなく、
幻影に過ぎないと受け取ること。

治療するのは、
自分ではなく
自分はグループの一員であり、
そのグループは、
神のツールであって、
すべてを神に委ねる
無執着の気持ちです。

治療がうまくいくかどうか思い煩う前に、
目の前の患者の方の
完全なる状態を想念します。

そして、その思いで相手の魂と一体となるだけです。
完全なる状態を
相手の方が受け入れるなら治っています。

むずかしいことは何もありませんでした。
スポンサーサイト



  1. 2011/11/27(日) 05:22:14|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<外観の美しさか本物の中身か? | ホーム | グループ治療について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/523-42199dbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)