FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

ユダケとは?

「ユダケとは」?
電話で友人と話しました。
「秘教治療」の本が出て、
秘教治療を教えている方がいますよ、と。

それに対して、
私はこう答えました。
「お金を払って知識だけでなく、
 治療の技術を身につけることができるなら、
 それなりに価値のある勉強ではないでしょうか?」

しかし、知識だけを身につけても、
実践する機会がなければ、
やがてその知識は、
ゴミのように
記憶から落下していきます。

治療を生業にするなら、
秘教治療ではなく、
整体や鍼灸の資格を取ったほうが
よいかもしれません。

実践して知恵とならない
秘教の知識は、
魂にとっては負担となり、
潜在意識に
秘教の知識に対する
嫌悪感が忍び込みます。

覚者は、このことを恐れています。

秘教(オカルティズム)は、
実践を何よりも大切にします。

実践のない知識は
砂上の楼閣と同じです。

私の先生は、「こじきのおかゆ」と言って、
これを厳しく戒めました。

こじきのおかゆというのは、
「いうだけで中味のないもの」という意味です。

先生は、海軍の兵隊さんでしたから、
学のある上官に、なぞめいた掛詞で
いつも悩まされていたそうです。
スポンサーサイト



  1. 2011/11/13(日) 04:59:56|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パチンコを知っていますか? | ホーム | タラの芽はでることがない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/509-d0e3d088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)