FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

ベートーベンの第九について

ベートーベンの第九シンフォニーについて
昨日、ベートーベンの
第九シンフォニーに触れました。
そこで、このシンフォニーについて
思い出したことがあります。

第三楽章の緩徐楽章について、
BCが「あの楽章は、『あれ』を表現している」
と言っていたことです。

『あれ』とは、なんでしょうか?
謎のことばです。

モーゼがシナイ山で、
神の姿を見たとき、
神は「燃える火」の姿をしていて、
自らを「I AM THAT I AM」.
と表現していました。

これも謎の言葉ですね。

『あれ』としか言い表すことのできないものでしょうね。

ブラバツキーが、
「フォハット」と呼んでいるものでしょうか?

ベートーベンは、
『あれ』を発見して、
その喜びを第九シンフォニーで表現したのでしょうか?

私は、絶望していたとき、
第三楽章を聴いて、
苦悩が苦悩ではなくなるような感じを受けました。

ベートーベンも聴力をなくし、
絶望して自殺しようとしました。

音楽家として、
聴力がなくなることは、
致命的なはずです。

でも、心の耳で『あれ』を聞き取り、
そして歓喜の歌を歌いたくなったのですね。

私は音痴ですが、
CDを聴きながら、
歓喜の歌を歌って、
子供たちによく笑われました。
スポンサーサイト



  1. 2011/09/13(火) 05:15:25|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<磁力治療のやりかた | ホーム | 霊的緊張について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/448-9491f17a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)