FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

サッカーと国会の動きについて

サッカーと内閣不信任案をめぐる国会の動きについて
今日は二ケ月ぶりに兄と一緒にスーパー銭湯に行ってきました
そしてゆったりとした気分で
自分のことを省みる機会を持ちました

不朽の知恵を紹介するのだという
変な使命感に燃えている自分が見えました。
だからたまには
話題を変えてこのテーマから離れ
サッカーのこと、この前の国会の動きについての
ブログを書いてみようと思います。

先日の日本vsペルー戦について
評論家の方々が色々述べているのを目にしました。
もちろん私は、素人ですし
ザッケローニ監督のような統率力を持っているわけではなく
ただの一人の観戦者です。
ただの観戦者ならではの見方・考え方があります。

日本のサッカー選手たちは、
今は非常に成熟して、
世界各国のチームの中で有力な働きをする選手として認められています。
だから彼らに戦い方を指示するとか、
システムの変更を強いたりすることよりも、
彼らを信頼して
自由に戦術やシステムを考えさせ、
監督としては、
得点への意欲というか、強い意志を持つように、
勇気づけるために熱弁を揮うことに徹したほうが良いと思います。

試合を見ていて感じたことですが
ペルーの選手たちには、
日本のチームにやられまいとする強い意志が感じられたのに対し
日本の選手たちにはペルーの選手たちを甘く見ているのか
それがあまり感じられませんでした。
それどころか動きに何かこわばりのようなものが感じられました。
それは、システムの変更によるある種の不安感から来ていたのかもしれません。

次は、この前の内閣不信任案を巡る動きについて。
東日本大震災の復興が遅々として進んでいないことに、
多くの国民がいらだち、
民主党内では不統一がとり沙汰されています。
自民党はそれを背景にして、
菅降ろしを画策しましたが、
このような議員たちの動きには、
国民が同調するはずはありません。

私は、もちろん政治の仕組みにはまったくの素人ですが
素人なりに思います。
もし、私が首相であったとしたらと。
被災地出身の国会議員だけでなく、
すべての議員さんを、被災地出身の議員とともに三人ずつチームを作って、
各被災地に派遣するでしょう(どこかの議員団のようにゴルフをやらせるためではありません)。
そして、被災から復興するために何が最も必要であるかを、
優先順位を決めて、
各出身地の議員さんに急ピッチで計画書を作ってもらいます。

首相は、その計画書を見て、
その計画を早急に進めるために
どのような専門知識を持つ人が必要かを判断して、
そのような能力を持つ人を被災地の議員に相談しつつ選定し任命します、
後はその人たちにすべての仕事を任せます。

首相が原子炉や核反応や放射能汚染についての知識が十分にあるとは考えられませんから、
余計なことを口出しすべきではありません。
首相は、信頼して仕事を任せた人の身分と尊厳を保護することに心を砕き、
外野のさまざまな批判・評論に右往左往することなく
敢然と決定し、後は沈黙を守っていてください。
スポンサーサイト



  1. 2011/06/10(金) 04:10:57|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<七についての続き | ホーム | 七について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/348-5a84ab99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)