FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

七について

七について
曜日名が七つ、音の種類(ドレミファソラシ)が七つ
七つの根本人種(レムリア人、アトランチス人、アーリア人種など)
七つの光線(赤、橙、黄、緑、青、青紫、藍)
原子の周期表も七種に分類することが可能です

としてみると
この宇宙は七という数字が
普遍的意味を持つことが推測できます
しかしラッキーセブンということにはあまり根拠はないと思います

今日は、この七という数字について、考えて見たいと思います

「直観について」の項目のところでも述べましたが
アリス・ベイリーの「エーテルとテレパシー」という本の冒頭に
「人間の構造」と表記された図表があります

その表を見ると
物質界は、固体、液体、気体、その上部に
四つのエーテル界が層として示されています
肉眼では液体まで、あるいは気体までは観察できますが
それよりも精妙なエーテル界は見ることができません
つまり、この物質界は、七つの層(これを副界と呼びます)から出来ています
もちろんこの表のように
現象界が実際に層になっているわけではありません
これはあくまで私たちに理解しやすいように
不朽の知恵で便宜的に区分されたものです

物質界よりもさらに精妙なサブスタンスがアストラル資質と呼ばれ
アストラル界も七つの副界があります
もっとも低い欲望から高貴で霊妙な感情まで
七つの段階に分けることができるということでしょうか?

感情資質よりも精妙なサブスタンスが
メンタル資質で、メンタル界も、物質界、アストラル界同様に
七つの副界があります

メンタル界の上部にブッディ界、さらにアートマ界、モナッド界、ロゴス界と
やはり全部で七つの階層があります

つづきは次回です
スポンサーサイト



  1. 2011/06/09(木) 04:54:15|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サッカーと国会の動きについて | ホーム | メンタル偏極とは>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/347-87804dcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)