FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

メンタル偏極とは

前回の続きです
覚者方とブラバツキーが述べているように
アストラル界は、人間の想念で作られた幻影の世界によって
人類に大きな影響を与えているからです
彼らは、アストラル界は、メンタル界以上の世界のように
原理ではなく
幻影の世界であると言っています

幻影の世界であるにもかかわらず
あたかも本当の世界であると思うのはなぜか?

これはたぶん秘教の第一原理
「エネルギーは思考に従う」あるいは「人は(ハートで)思う通りのものとなる」
という法則が関係していると思います
つまりその人の環境は、
その人の思うとおりのエネルギーが流れるということです
たとえエネルギーだと認識していなくても。

「神は存在しない」「人の生涯は一回かぎりだ」「目に見える世界のみが真実だ」
と考えている人には、そのようにエネルギーが流れるということです
そして自分が思い描く想像の世界が真実であり
他の人も自分と同じように見ているはずだと考えます
自分と違うものの見方をする人を不愉快な人、
相入れない性格の人として違和感を抱きます

不朽の知恵の一部である
「秘教心理学」(アリス・ベイリー著、A.A.B.ライブラリー刊)を学ぶことによって、
人の魂は七つの光線のどれかに乗っているので
感じ方、考え方に相違点があるのは当然であり、
それらを総合してみると
よりリアリティに近づくことができると考えるようになると
アストラル偏極からメンタル偏極への移行がはじまります
そして、金子みすずのように「私と小鳥と鈴は、みんな違って、みんないい」
という考え方に変わっていきます

アストラル偏極している間は
幻影の世界に住んでいるといわれています
だから覚者方と接触するためには
幻影の世界を離れ
メンタル偏極が不可欠なのです
スポンサーサイト



  1. 2011/06/08(水) 04:41:59|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<七について | ホーム | 曜日名の由来>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/346-dc3e5a19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)