FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

アンターカラナのイメージについて

アンターカラナのイメージ
かつて私は新聞配達のアルバイトをしていました
毎朝四時に起き
五時半ごろまで配達して家に帰ります

ある日、新聞を配り終わって
自転車に乗って新聞店から自宅に戻るとき
ふと東の空を見ると
坂道の上の端に日の出が昇ってくるところだったのです
まっすぐに東西に伸びた道路上を
自転車をこいでいました

日の出は毎日見慣れた景色でしたが
まっすぐに伸びた道路の先端から
真っ赤な太陽が昇ってくる光景が
私にとっては特別な光景だったのです

その情景を見た瞬間
自分の中にアンターカラナが築かれていることを
私は確信したのです
そしてなんとも言えない至福感に包まれました
その確信の由来を説明することは難しいです

道に入ると
内と外は一体であるという確信が作られます
自分が目にするものは
自分の心の状態を示すものであるという信念に至ります
ある情景に人が出会うのは
決して偶然ではなく
必然的な条件が
人の内面に作られたときであるという確信があります

まっすぐに東にのびた
その道路の端から太陽が昇るのは
一年に一日だけです
もしそのときを見逃すと
次の年のその日になるまで
ぴったりと道路の端から太陽が昇る情景を
目にすることはできません

ところでアンターカラナの象徴は
BCのアンターカラナのリトグラフに描かれているように
頭のチャックラと魂を象徴的に表わした球体とが
まっすぐに伸びた線で結ばれたイメージです

蜘蛛の糸が地獄と天国を結びつけているように
まっすぐに東に伸びた道路の端から
まさに昇ろうとする太陽の光景は
この絵に描かれているアンターカラナのイメージそのままだったのです

というわけで、私は勝手に至福感に包まれました。
スポンサーサイト



  1. 2011/06/06(月) 03:28:50|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<曜日名の由来 | ホーム | アンターカラナについて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/344-dfe72cc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)