FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

アンターカラナについて

アンターカラナについて
今日はアンターカラナのお話をします
BCは言っています
イニシェーションの道において
瞑想と奉仕は
前進するための車の両輪ですと

かつて大岳山荘の仙人
笹目秀和先生を訪ねたとき
お土産に「道慈両不偏廃」(どうじふたつながらへんぱいせず)と書いた
自筆の額を下さった

説明して言われるには
道とは自分自身を高めること
今のグループで言えば
瞑想することがこれにあたるでしょうか?

慈とは他者を高めること
今のグループで言えば
カルマヨガのことを言うのでしょうか?

道も慈も前進するための車の両輪です
このどちらも
アンターカラナを建造することにつながります

アンターカラナは「虹の架け橋」と呼ばれています
秘教の教えでは
宇宙からの七つの光線エネルギーは
このアンターカラナを経由して注がれるからです

話しが横道にずれますが
この七という数字についてもお伝えしたいことがあります
いつかブラバツキーの「シークレット・ドクトリン」に
書かれていることを紹介したいと思います

芥川龍之介の「蜘蛛の糸」という短編小説は
アンターカラナを象徴したものであるというお話しをしましたが
この情報は、とても重要です

私のブログを読んで下さる方も
いつになるか分かりませんが
意図してアンターカラナを建造しようという考えが生まれたとき
その価値に気づかれると思います
たとえ、今はおとぎ話の一節ぐらいの感じかもしれませんが
いつの日か神への帰還の道を辿ろうと決意するときがやってきます
そのときには、現在の若者たちがTVゲームに夢中になっているように
アンターカラナの建造に夢中になるかもしれません
それは科学的な数学の問題を解くようなところがあるからです

BCが「チャレンジしなさい」と言っていたことを思い出しました
まさしく、「チャレンジするにふさわしいテーマ」であることがわかります

次回はアンターカラナの心象化のお話をします
スポンサーサイト



  1. 2011/06/05(日) 04:11:19|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アンターカラナのイメージについて | ホーム | 第七光線について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/343-902a4017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)