FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

方向転換について

方向転換について
秘教の教えの中で
「方向転換」という言葉を見つけましたので
この言葉について得たインスピレーションについてお話ししたいと思います

秘教の初歩的教えの中に
人間の体の中にある横隔膜は
霊的成長の境目を表わす見事な象徴であることが
書かれています
人は体の中に七つのエネルギー中心(ヨガでいうチャックラ)を持ちます
横隔膜の下にあるエネルギー中心(たとえば太陽叢中心)に意識の焦点を持つ人々は
自己中心的生き方をします
すべての行いと思いと感情は
自分のためです
たとえそのような意識がないとしても
無意識的であるとしても
何らかの点で「自分のため」という考えにつながっています
当たり前ですよね

しかし、或る時期をきっかけにして
「自分以外の人のために」という考えで行動したり
考えたり感じたりすることが次第に増えてきます

そして、イニシェーションの道に入るやいなや
集中的かつ全面的に自分のためという意識から離れた行動考え方をするようになります

そのとき意識の焦点は
横隔膜の上のハートセンターに移るのです
これが「方向転換」と言う言葉が意味している一つの相です

多くの人々は自分が第一イニシェーションを受けていることを自覚していません
ですが「自分のため」という意識を離れて行動したり考えたりする人は
広い意味で「キリスト意識」を持つといえます
その意識がやがてはっきりとしたグループ意識となって行きます
その人は、意識的であろうと
無意識的であろうと
第二イニシェーションを目指すようになります

前回、占星学について言及しましたので
占星学的に言えば次のようになります

人は黄道帯に沿っていくつかの生涯を送ります
たとえば私はこの生涯を水がめ座に生まれていますが
或る時期までは時計回りに進んで
水瓶座の次は山羊座、射手座・・・という風に
太陽の位置を変えていきます

死ぬときにその生涯で得た経験のエッセンスを
肉体については物質永久原子
感情経験についてはアストラル永久原子
メンタル的経験についてはメンタル永久原子にその情報を蓄え
次に転生するときに前の生涯の終了時までに獲得したものを
そっくりそのまま復元して
新たな経験を積むと教えられます

ある時期になると
つまりイニシェーションの道に入ると
黄道帯を今度は逆の方向即ち反時計回りに進んでいくと言われています
前の例でいうと
水瓶座の次はうお座、牡羊座、牡牛座・・・となります
方向が逆転します

「方向転換」という教えは
あまり注目をひきませんが
第一イニシェーションから第二イニシェーションに進む人にとっては
重要なポイントであると思います
スポンサーサイト



  1. 2011/05/31(火) 04:53:39|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<霊的緊張について | ホーム | 周期的衝動について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/338-84408d14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)