FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

周期的衝動について

「周期的衝動」について
自分のブログを読むと
内容が日常生活からかけ離れていることを感じます

本当はもっと親しみやすい
日常的な出来事を書くつもりでした
だんだんと欲望が湧いてきて
私のブログを定期的に読んでくださる方に
少しでも役立つような話にしたいと考えるようになりました

勢い内容が日常的なものから離れ
抽象的なものにならざるをえません

イニシェーションの道を目指す
少数の方が私のブログを読んでくださればうれしいです

ところで、前回お約束しましたように
周期的衝動についてお話します

アーサー・E・パウエル著[神智学大要]
(仲里誠吉訳、出帆新社)という本の中に
原子核の構造を拡大した図があります

その図をみると
白熱電球のフィラメントのように
細かな螺旋がさらに大きな螺旋を作り
それが幾重にも重なって
一つの塊のようになっています
この幾重にも重なった螺旋構造は
あらゆる規模でのエネルギーが
周期的に注がれるその仕方を示す
普遍的構造を表わしていると考えられます
これをむずかしい言葉で
フラクタル(自己相似)構造と言います

占星学を研究するとわかりますが
エネルギーは種類がいくつかあって
その中のいくつかが組み合わされて
周期的に顕現します

だから以前とまったく同じにはなりませんが
或る行動を促すインスピレーションとして働いたエネルギーは
繰り返し一定のリズムで再びやってきます

そしてその衝動に反応する回数が増えると
それは抵抗しがたい力となります

これがリズムの法則の一つの様相となっていますから
それをうまく活用すれば
意志の力を強くし
あまり苦労しなくても
現在はイニシェーションの道を歩くことができます

一方、物質性へと誘惑する力も
同じくリズムの法則が働いていますから
繰り返し誘惑に負けるなら
次第に強さを増し
破滅に至るまで抵抗できないような強さを増してきます

これが主の愛のエネルギーが
[裂開の刀]と呼ばれるゆえんではないでしょうか?
スポンサーサイト



  1. 2011/05/30(月) 04:57:18|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<方向転換について | ホーム | 周期的騒動について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/337-55f8db08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)