FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

周期的騒動について

周期的衝動
アラン・レオというアストロジャーが書いた
占星学の本を読んでいたとき
毎日天空を動いていく惑星が
ある人の生誕時のホロスコープの惑星の位置と
座相(アスペクト)をつくります
そのときにどのようなエネルギーが流れるかを
観察することがありました

アストラル界という名称が示しているように
人間の情緒や欲望は
アストラル(星)からのエネルギーに影響されています

そのようなことを一般の人々は
夢にも思わないでしようが
多かれ少なかれ
大勢の人々は普通に星の影響を受けています

運命学の一種である
東洋占星術にしろ
西洋占星術にしろ
星占いを信じている人は大勢します

ただし、巷にあふれている星占いは
科学的精密さはありません
多くは占者の主観的な想像に基づくものです

ある犯罪者の犯行日時を
占星学の手法(トランジットといいます)を用いて
観察していて気付きました
その犯罪者が犯行に及んだ日時は
必ず満月の日で
しかもその時には同時に火星・冥王星・天王星などが
その月または太陽と凶座相を作っていました
つまり二重三重の凶のアスペクトが作られています

少し話が込み入ってきました

シェークスピアが「リア王」という作品で
登場人物に独白させているように
犯行に及ぶ衝動は
星からのエネルギーが影響しており
それが頂点に達する日は
すべてがそうではないとしても
満月の日が多いのです

女性の生理が月の周期と重なっているように
男性の性衝動も月の周期と重なっています

犯罪者は満月時に犯行に及び
ヨギは同じ満月時に星のエネルギーを認識して
それを活用して
ブッディ・マナスの体を創造します

星のエネルギーに促されて
ある行動をとると
再び同様の座相が作られる日が巡ってくると
同じような行動をとることになります
それが二度、三度と繰り返されると
その行動をやめることがむずかしくなります
これは法則でしょうか?
スポンサーサイト



  1. 2011/05/29(日) 05:56:42|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<周期的衝動について | ホーム | 抑圧と禁止について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/336-c5b1b5d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)