FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

三つの誘惑

三つの誘惑
イエスがバプテスマのヨハネによって
ヨルダン川で洗礼のイニシェーシヨン
(第二イニシェーシヨン)を受けた後
荒野に出て四十日四十夜断食をされて
悪魔から三つの誘惑を受けます(マタイ4:,マルコ1:13)

この話は、ドストエフスキーが彼の長編小説
「カラマーゾフの兄弟」の中で
大審問官という章の中で取り上げていることでも大変有名です
DK大師もその著作集のほうぼうで取り上げています

三つの誘惑に含まれる秘教的な意味を
私が理解した範囲でご紹介したいと思います。

この悪魔の三つの誘惑が
第三イニシェーシヨンを受ける前に行われたということに
とても深い意味があるようです

第二イニシェーシヨンを受けると
BCがその本の中で書いているように
世界中で活躍していた各界の有名人たちの中でも
第二イニシェーションを達成している人は
天才といわれている人たちと
そのような抜群の能力を発揮している人たちばかりです

つまり第二イニシェーションは
或る意味で超能力を授けるものであることがわかります

日本の空海を初めとして
主な宗教指導者は第二段階のイニシェーションか
それに近いイニシェーションを受けています

イエス大師はどうして荒野に出てわざわざ断食までして
自分が既に持っている超能力を使って
その苦境から脱するように悪魔の誘いを受けるように仕向けられたのでしょう?
第一に石をパンに変えることも
第二に高いところから身を投げて
自分の身を天使に受け止めてもらうことも
そして第三に山の頂上から眼下に人々の住む街並を見せられて
その支配者にしてやるという誘惑を受けたのでしょうか?

私が理解した限りでは
イエスは自分が得ているシディの力
つまり霊能力を自己繁栄のためや自分の権勢のためではなく
ただ神の栄光を示すためにのみ使おうと決意をするために
荒野に出て悪魔の誘惑を受けられたのです

その後イエスは
まもなく第三イニシェーション(変容のイニシェーション)を受けます
この第三イニシェーションが
聖ハイラーキーの観点から
聖ハイラーキーに入会できる
第一イニシェーションにあたるとBCは述べています
スポンサーサイト



  1. 2011/05/03(火) 05:40:28|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「生きる」推進力 | ホーム | 誘惑について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/309-fff15485
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)