FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

「死んでも直らぬ」

「死なな直らぬ」
父が私たちの怠惰な癖を指摘して注意しても
直そうとしない姿をみて
痺れを切らして
いつも口癖のように言っていました
特に私に対しては
「人間は欲で動く」「人を動かそうとするときには
 人が欲しいと思うものを報酬として準備せよ」と
いうようなことを言っていました
このままの表現ではありませんでしたが。

それに対して私は
そうではないということを伝えたいと
常に思っていました
自分を考えが押し付けられない私に対しても
「死なな直らぬ」と最後通告をしていました

しかし、私は「死んでも直らぬ」と言いいます

かつてGLAという新興宗教団体を設立した
高橋信次氏が氏の生前次のようなことを
述べていたことを思い出しました

物質界の物体の運動における慣性の法則のように
意識は死んだときの瞬間の状態が
ほとんど永遠に近い時間の間続くという説明でした

落語に次のような話があります
食通で名をはせている或る人が
そばの食べ方を説明するときに
そばつゆにほんの少しだけつけて
そばをズズーとすすって食べるのが
通の食べ方だと講釈していましたが
その人がいよいよ亡くなるときに
「一度でいいから
 そばつゆにそばをたっぷりつけて食いたかった」
と言って死んでいくという落ちでした

この人の意識は
そばつゆをたっぷりつけてそばを食いたいという思いが永遠に続きます

このたびの福島第一原発事故の放射能汚染で
あれほど人々が苦しんでいる姿を見ているにも関わらず
原子力保安委員という政府の役人は
「福島原発の災害事故は、想定外の出来事でした
次回からはこれを教訓にして
四重五重の安全対策を施して
原発を建設したい」と
ノウノウと言ってのけました

「死なな直らぬ」どころか「死んでも直りません」
スポンサーサイト



  1. 2011/04/11(月) 05:15:42|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アクエリアス人について | ホーム | 金子みすずの詩>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/288-5564bb1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)