FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

エーテルは距離がない

前回、治療のエネルギー(愛のエネルギー)を、相手の人が眼前ではなく、遠く離れてところにいても、視覚化によって同様に送ることができるという話をしました。その話の具体例をお話ししたいと思います。
 先生の仮寓の民家の近くにお寺があり、そこの娘さんが時々お友達といっしょに先生のお話を聞きに訪ねてきました。そして大学を卒業する前に学友たちとともにエジプトへ修学旅行としていきました。その旅行先のエジプトから先生のところに電話がかかってきました。エジプトで飲み水が合わなかったのか、ひどい下痢を患い、旅行を続けることがむずかしくなったという。娘さんは、先生が遠隔治療で、遠く離れた人のトラブルを解決したことをたびたび耳にしていたので、自分の下痢も治していただけるかもしれないと考えて、エジプトから国際電話をかけてきたのであった。先生は「平安な心で待ちなさい」と言って電話を切り、すぐに自宅に庭に作ってあった小さなピラミッドの中に入って瞑想し、遠隔治療を行った。その後娘さんから、「下痢の症状がなくなったので、学友と旅行を続けることができます、ありがとうございました」と連絡がはいった。
先生は、このときの体験談をたびたびしてくださった。そして、治療のエネルギーはエーテルを経由して送られるので、たとえ地球の裏側に相手がいても、目の前にいるときと同じである。距離はまったく問題とならないということを語ってくださった。
 かつて、科学は光の波動説をとなえ、真空中でも光が伝わるためには、媒体となるものがあるはずで、それをエーテルと名づけて、この宇宙はエーテルに満たされているという仮説を唱えたことがあった。しかし、光の粒子説が唱えられるようになると、エーテルの存在も敢えて仮定する必要はないとして、認めなくなってしまった。しかし、科学者の中にはエーテルの存在を、なくてはならないものとして認めている人もいるようである。
 光は1秒間に地球を7回り半、つまり、30万キロメートルの速さで伝わる。しかし、想念はその百万倍もの速さで、空間を伝わるのである。
スポンサーサイト



  1. 2010/06/18(金) 07:39:51|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<三つの要件 | ホーム | 治療家の陥りやすい危険>>

コメント

いつも楽しみにしております。
エーテルの話を読んでいてふと思ったのですが、秘教治療と気功との違いは何かありますか?
よろしくお願いします。

  1. 2010/06/19(土) 00:04:14 |
  2. URL |
  3. muramasa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/18-ca51a4d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)