FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

真の和合を目指して(1)

通告
ワードプレスのHPにログインできないので、
しばらくここにウログを書きます。


真の和合を目指して(1
友人と和合について話しました。
この問題をシリーズで取り上げます。

ワンマン社長が経営する会社は、
これからの時代衰退していくという話から始まりました。

周囲をイエスマンで固めるワンマン社長は、
自分と異なる考え方を持つ人を重んじません。

これは魚座(双魚宮)時代に多く見られた会社のあり方です。

新しい時代の会社のあり方は、
上司と部下が対等の立場で自分の意見を言い、
部下の考え方は上司と相容れないとしても、
それはそれで尊重されます。

上司と部下は机を並べてすわり、
アメリカの大企業のように、
上司だけ特別待遇の部屋や椅子で、
差別が強調されることはありません。

ワンマン社長の経営する会社は、
たとえ全体が統合されているようでも、
和合というよりも全体主義的雰囲気があります。

ワンマン社長が経営する企業はこれからは次第に姿を消していく、
という話になりました。

全体主義的雰囲気と言えば、
戦前の日本の軍国主義を思い出します。

一億総玉砕を旗印に、
神風特攻隊が神聖視されていて、
命を粗末にするような風潮を疑問視する考え方は、
非国民というレッテルを貼られました。

現在では、
かの国の先軍思想は全体主義国家の礎となっています。

サッカーW杯が日本で開催されたとき、
かの国からやってきた美女軍団の応援団は、
一糸乱れぬ見事なマスゲームを披露して、
人々を感嘆させました。

甲子園球場で球児たちを応援する高校生たちの、
マスゲームは所々不揃いですが、
なぜか私には美女軍団のマスゲームよりも魅力的に見えました。

自由の雰囲気が伝わってくるからかもしれません。

全体主義的統一よりも、
不揃いながら和合を感じさせる高校生の方が自然です。
スポンサーサイト



  1. 2015/12/07(月) 11:16:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雪国 | ホーム | 二つのニュース>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1678-0eee191c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)