FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

歴史は繰り返す

歴史は繰り返す
友人との話の中でイスラム国のことが話題になりました。
話し合っているうちに、
「歴史は繰り返す」という言葉が頭に浮かびました。
または「進化はらせん状に進む」という言葉です。

中世ヨーロッパで行われたキリスト教圏対イスラム教圏の戦いである十字軍遠征のこと、
第一次世界大戦後に台頭したナチス・ヒットラーのことなどが思い出されました。

それと同時に人間の中に
「ジキルとハイド、聖者と悪魔の二つの性質が同席している」
という思いも浮かびました。

中世の十字軍で第一回目の遠征は、
キリスト教の聖地エルサレムを奪還するという宗教的大義で、
ヨーロッパ各国のキリスト教国は一致団結しました。

第二回以後の十字軍は宗教的大義ではなく、
敵国であるイスラム教国を侵略し、
戦利品や領土を獲得するという弱肉強食的物質的野心に変わっています。

イスラム教を奉じているイスラム国の残虐性はナチス・ヒットラーを思い出させました。
第一次大戦に敗れたドイツはあまりに多額の賠償金に、
多くの国民は疲弊し憎しみが増大していました。
国民全体の憎悪がアーリア人種の優秀性を唱えるヒットラーの台頭を許したのです。

以前に「輪廻の法輪を巡る」と表現したことがあります。
占星学を学ぶ人たちにはあきらかですが、
太陽系を巡る星々は過去に繰り返された類似した位置関係を作ります。
全く同じ星の配置ではありませんが、
主要な星のアスペクト(角度の座相)は同じです。
そして歴史上似たような事件が起きます。

シェイクスピアの作品、たとえば「オセロ」には、
「星のせい」というセリフが出てきます。
これはシェイクスピアも占星学を学んでいたことを示しています。
スポンサーサイト



  1. 2015/02/03(火) 12:47:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<残虐性 | ホーム | もう一つの危機>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1647-c3deb6d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)