FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

表現の自由

表現の自由
かつては権力者が人民からの批判を禁止して表現の自由を制限しました。
これが本来の表現の自由の制限です。
現在でも自由に発言できないという国は多くあります。

一見自由に発言できそうに見える国でも、
表舞台に登場しない支配者たちは、
巧妙に自由な発言を制限しています。

先日のパリ大行進のときに、
「表現の自由を守れ」という標語を掲げるデモに、
首脳級の人が参加していると報道されていました。
かつてと逆転しています。

フランス政府は再びテロが行われることを怖れ、
テロから市民を護衛するために多くの兵士を動員し、
テロリストたちというか、
イスラム教徒たちを擁護する発言をした人たちを拘束したと報道されました。
これこそ表現の自由の制限となっているのではないですか?
自己矛盾だと思います。

バチカンのフランシスコ法王は、
「人の信仰に関わる場合、
表現の自由には限度がある」という考えを示しました。

他方「神の名のもとに人を殺すのは、
常軌を逸しており、正当化できない」と述べました。

テロ行為を行うのはイスラム教徒だと一括した見方をする人々がいます。
真のイスラム教徒は、
どのような信仰を持つ人であろうと兄弟同胞であるという考えを持っています。
真のキリスト教徒と同じです。

虐げられた人々はキリスト教圏にもイスラム教圏にいますが、
キリスト教圏よりもイスラム教圏に多いです。
その原因を考えてみなければなりません
スポンサーサイト



  1. 2015/01/17(土) 08:29:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<阪神淡路大震災20年に思う | ホーム | 村上和雄さんのこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1628-e0c9a3ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)