FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

パリ大行進

パリ大行進
11日にパリで行われた、
フランスの連続銃撃テロ事件の犠牲者を追悼する大行進について注目すべき点に気づきました。

パリ大行進には世界各国の首脳級の人々が参加し、
その中にイスラエル首脳とパレスティナ首脳が含まれていたということが伝えられていました。

表現の自由に対する危機というよりも、
「反イスラム感情を背景とした社会の分断への懸念が広がる中、
結束を訴える声はパリから世界各地に広がった」
と報道されているように、
社会の分断の危機という、
より普遍的な危機に対しては、
領土問題などで対立している国同士でも、
連帯するということです。

このことに関連して、
映画「インディペンデント・デイ」について述べたいと思います。

普段は対立している国同士でも、
共通の危機に対しては連帯して共通の危機に対応することを示すよい例が、
映画「インディペンデント・デイ」の中にも描かれています。

この映画ではUFOが地球侵略にくるという、
笑うべき誤った概念を植え付けられる恐れがありますが、
映画の中では襲撃してくる巨大なUFOに対抗して、
世界の国々が一致協力して立ち向かうというストリーが描かれています。

TVでこの映画が放映された2008年の12月は、
マイトレーヤの臨在を知らせる宇宙の兄弟たちのUFOが世界各地で見られるようになったときでした。
主の臨在が知られては困る勢力側からの巧妙な仕掛けではないかと私は思ったほどです。

いずれにせよ、
地球規模の世界的な危機に対しては、
現在対立している国同士でも、
一致団結して危機に対処するということが、
この笑うべき映画には描かれています。
スポンサーサイト



  1. 2015/01/13(火) 17:21:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<分離から融合へ | ホーム | 二人の小学生>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1624-e83578d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)