FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

諸君、狂いたまえ

「諸君、狂いたまえ」
NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、
吉田松陰を演じる伊勢谷 友介(いせや ゆうすけ)さんが、
最も印象深いセリフとして紹介しました。

上の言葉は吉田松陰の名言集に載っています。
貼りつけ元:http://bakumatsu.org/wremarks/view/96

私はこのセリフを耳にして、
易経の「地火明夷」の中にある箕子(きし、生没年不詳)の話を思い出しました。

箕子は異母弟の殷の暴君紂王(ちゅうおう)に仕え、
心の正しさを守るために狂人の真似をしたと伝えられています。

江戸末期においては、
二百年に及ぶ江戸幕府の支配が固まり、
時の権力者たちのマインドは結晶化していたと想像されます。

そんな中で、
外国の属国化をさけるためには外国の文化を知る必要があるという考えは、
時の権力者たちにとって危険なものに映るにちがいありません。

松陰の「狂いたまえ」という言葉は、
支配者たちの結晶化したマインドから離れなさい、
という意味ではなかったでしょうか?

スポンサーサイト



  1. 2015/01/12(月) 08:50:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<二人の小学生 | ホーム | 出版のお知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1622-ca6f4ae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)