FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

個の確立=獅子座の特徴

個の確立=獅子座の特徴

本のタイトルは忘れましたが、
ブラヴァツキーとヘレナレーリッヒとアリス・ベイリーの、
三人の秘教徒の伝記が書かれた本があります。
その中の書いてあったアリス・ベイリーとジュアル・クール覚者のやり取りは、
示唆に富んでいます。
 
覚者と弟子の関係は先生と生徒の関係に類似していると私たちは想像しがちですが、
アリス・ベイリーに限って言えば、
この想像はあまり当てはまらないことがよく分かります。
 
彼女は1919年11月に初めてジュアル・クール覚者と接触します。
覚者の声が空から聞こえてきました。
 
「人々のために書いてほしい本がある。
 あなたには書くことができる。
 そうしてくれないか」。
との依頼を受けて彼女は即座に
「とんでもない。
 私は呪われた霊能者ではない。
 そのようなことに関わりたくありません」
と即答しました。
 
テレパシーで伝えられる教えを筆記するという行為には、
低級神秘力(低級サイキック能力)もあります。
低級神秘力の危険について、
ブラヴァツキーの著した「沈黙の声」という本に書かれています。
 
アリス・ベイリーは声の主に教えられた方法で、
自身のマスター、クート・フーミ覚者と接触して、
その方法に危険はないと教えられ、
彼の教えを筆記することを引き受けます。
 
この時のやり取りは、
彼女のチャートのASCが獅子座であることの特徴がよく出ていると思います。
 
覚者はアリス・ベイリーを支配するような態度は決して取らず、
教えの中の英語の表現をアリス・ベイリーに相談し、
自分の表現よりも彼女の言い方の方が分かり易いときはそちらにします。
私の目から見ると、
アリス・ベイリーと覚者はほとんど対等の関係のようです。
スポンサーサイト



  1. 2015/01/05(月) 15:48:58|
  2. 秘教占星学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自由意志について | ホーム | 草莽崛起>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1615-283f7ed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)