FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

三つの誘惑

三つの誘惑

昨日のブログで、
聖なる惑星は人間の第三イニシエーションに当たる、
宇宙のイニシエーションを経て、
それ以上の段階にある惑星を指すと述べました。

福音書の中でイエスが、
第三イニシエーションを受ける前に、
荒野で三つの誘惑を受ける話を思い出しました。
(1011/5/8のブログ「霊的無関心について」参照)

若かりし頃、
アグニヨガを学んでいる時、
友人が『ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」という作品の中に、
「大審問官」という章があって、
そこでイエスの「三つの誘惑」の話が取り上げられている』と教えてくれました。

後年アリス・ベイリーの「秘教治療」という本の中で、
同じ話を見つけその深い意味を知りました。

イエスが変容のイニシエーションと呼ばれている第三イニシエーションを受けて、
光輝く姿となる前に
聖霊(ものによっては悪魔と記述されています)に導かれて荒野にいき、
「石をパンに変えてみろ」とか「山の頂きから落ちても、神が受け止めてくれるから身をなげてみろ」と誘惑されます。

また街中を見渡せる高い所に立って、
「私の言うことを聞けば、世界を支配する権能を授ける」と誘惑されます。

イエスは三つの誘惑に屈せず聖霊を退けます。

この時のイエスの心の状態を説明する記述が「秘教治療、下巻」規定6、338頁以下に書かれています。
スポンサーサイト



  1. 2014/12/28(日) 15:16:44|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<歓喜の歌 | ホーム | 聖惑星と非聖惑星>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1605-2d375d4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)