FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

大義なき解散

大義なき解散

阿部総理がAPEC北京サミットに出席しているとき、
「解散のタイミングについては何も考えていない」と明言していました。

ところが今朝のニュースでは、
18日に解散の告示を行うという姿勢に変わっていました。

衆議院の解散は、
アベノミックスが効果をあげて、
消費税のアップが可能となっている状況かどうかを判断するため、
という自民党の掲げる理由は表面上の大義でした。

消費税アップは先送りするという決定がすでになされています。
この決定は経済の実質的回復は思ったほどなされていないということを推測させます。

野党党首の誰かが「アベノミックスの失敗を隠すための解散だ」と批判していました。
一理ある批判かもしれません。

このタイミングでなぜ解散に踏み切るのか?
考えられる理由は外交の一応の成功です。
APECで中国や韓国のリーダーたちとの会談にこぎつけたこと。
アセアン諸国との友好を深める交流ができたことなど。

外交の成功が阿部政権の好印象を国民に与えている今の時期に衆議院を解散すれば、
自民党の圧勝となることは間違いないという、
自民党古株の判断ではないかと私は推測しています。

中国は尖閣諸島の領有権を主張し、
日本に対して軍事力を誇示し、
阿部総理との会談の条件として日本の尖閣諸島の領有権破棄を要求していました。

歴史認識や首相の靖国神社参拝に反対し、
これまで日本に対して悉く強権姿勢でしたが、
ここに至って急に阿部首相と握手を交わし、
会談に応じるようになったのでしょう?

想像してみるに、
中国はアメリカ同様の大国として、
世界にリーダーシップを発揮したいようです。

そのためにはこれまでの力の誇示だけでは無理だということが分かってきたからだと思います。

ジャングルのゴリラ社会でも、
力が強いだけでは群れのボスになれないように、
軍事力と経済力だけでは世界で大国としての威厳を発揮することができない、
と悟ったにちがいありません。

二酸化炭素の排出を抑制し国内の大気汚染を解決するためには、
日本の技術力に頼らざるを得ないのかもしれません。

いずれにせよ、
阿部首相との対談を拒み日本の協力が得られない状況を長く続けていても有益ではないと、
悟らざるを得なかったかもしれません。

そのような中国の立場を考えるなら、
阿部首相の外交の成功は、
中国側のジレンマがもたらしたと推測できます。
スポンサーサイト



  1. 2014/11/15(土) 09:57:30|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アケビ | ホーム | 天候と経済>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1558-7a378a18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)