FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

スフィンクスの謎

スフィンクスの謎

早朝の散歩の時に、
突然「スフィンクスの謎」という言葉がインスピレーションとしてやってきました。
何の脈絡もなくです。

家に帰り早速ネットで「スフィンクスの謎」について調べてみました。
その中に次のような記述がありました。

『スフィンクスの謎は五行の詩のかたちで、
次のように伝承されているものである。
(ソポクレス・藤沢令夫訳「オイディプス王」 岩波文庫 1967年・解説参照)

一つの声をもち、二つ足にしてまた四つ足にしてまた三つ足なるものが
地上にいる。地を這い、空を飛び海を泳ぐものどものうち
これほど姿・背丈を変えるものはない。
それがもっとも多くの足に支えられて歩くときに、
その肢体の力はもっとも弱く、その速さはもっとも遅い。

最後の2行が印象に残る。
藤沢令夫氏は〈スフィンクスがこの謎を人間たちに向かって歌ったとすれば、
これは「汝みずからを知れ」というデルポイの碑銘の、
一種ユーモラスな変形であるともみなされよう〉と述べている。』
貼り付け元

この中の言葉、
「最後の2行が印象に残る。」

この言葉が私に最も強く訴えかけました。

これまでは「朝4本の足、昼は2本の足、夕方3本足で歩くものは何か?」
という問いとその答えは人間そのものであるという知識でした。

最後の2行とは、
「それがもっとも多くの足に支えられて歩くときに、
 その肢体の力はもっとも弱く、
 その速さはもっとも遅い。」という言葉です。

この言葉をかみしめてみます。
スポンサーサイト



  1. 2014/11/11(火) 19:26:24|
  2. ι?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スフィンクスの謎(2) | ホーム | ESDとは>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1553-4aad7580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)