FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

ESDとは

ESDとは

ユネスコのESD国際会議がはじまりました。
10月3日のブログ「ポスター」で予告しました。
ESDとは、Education for Sustainable Development の略で、
文部科学省のサイトにある説明では、
「環境・貧困・人権・平和・開発といった、
現代社会の様々な課題を自らの問題として捉え、
身近なところから取り組むことにより、
それらの課題の解決につながる新たな価値観や行動を生み出すこと、
そしてそれにより持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動のことです。」
と説明されています。

この会議に参加して意見を述べるとしたら、
私は「分かち合い」の原理が課題を解決すると言いたいです。
しかし自分の意見は「宗教だ!」と出席者の皆さんから言われてしまいそうです。

「課題の解決」のために、
様々な難しい議論をする人もいるかもしれませんが、
単純に「分かち合い」の原理を私たちが理解して、
それを個人だけでなく国同士でできるようにすれば解決できると私は言いたいです。

このことは頭のよい人たちだけに分かることではなく、
「サルでもわかる」と言いたいところですが、
残念ながらサルにはわかりません。
ブラヴァツキーの言う「目覚めつつある神」にしか分からないかもしれません。

分かち合いについては、
4月29日のブログをお読みください。

今では多くの人々がこの言葉を言い、耳にする機会も多いですが、
この言葉を最初に用いられた方はマイトレーヤであることを知っている人は、
そんなに多くないです。

持続可能な社会を創造していくには、
「分かち合いの原理」が実践されなけらばならないという単純な考えは、
マイトレーヤのことを否応なしに言及しなければならないから、
「宗教だ!」と言って遠ざけられるかもしれません。


スポンサーサイト



  1. 2014/11/10(月) 10:11:29|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スフィンクスの謎 | ホーム | 格差社会(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1552-bcd7132e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)