FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

ジャンク・フード

ジャンク・フード


ポテトチップスやその類のお菓子をジャンク・フードと呼ぶことがあります。
手軽に食べられ、
お腹がすいているときに食べるとついつい食べ過ぎて、
後で食傷気味となり、
普通の食事がしにくくなります。

肉体が要求する食べ物については、
一日で胃もたれは癒され、
気を付ければ翌日から、
普通の食事に戻ることができます。

マインドの空腹感にも肉体と同様の現象があります。
このことはいつかのブログで取り上げたことがあります。

現在、巷では精神世界の本が書店にあふれています。
書店で手に取って読めば、数時間で読み切れるような内容の本です。

その多くは驚天動地の情報が所々に散りばめられていて、
アストラル界の住者があちこちの情報を寄せ集めたもので、
センセィショナルな情報を好む読者の知的満足を満たすものとなっています。

何かを実践しなければ、
本当に理解したことにはならず、
教えが身に付くことが無い本物の秘教の教えとは違って、
食べ物で言えばジャンク・フード的な情報です。

このような情報に多く接している人は、
一つの教えに満足することなく、
あちこちの教えを求めてただよい続けます。

肉体の空腹感を満たす食べ物に対しては、
胃もたれという症状があります。

マインドの飢餓感を満たすアストラル界の情報に対しては、
どのような症状があるでしょう?

ジャンク・フード的情報をわんさと取り込むと、
あらゆる精神世界の情報、スピリチュアルな情報に対する嫌悪感が生まれるかもしれません。

この生涯でスピリチュアルな話題や情報に対して、
全く心を閉ざしている人を見かけます。嫌悪感を示しさえします。
オープン・マインドでありません。

そのような方は、きっと前の生涯でジャンク・フード的スピリチュアル系の本を、
いやと言うほど読まれたのではないかと思います。
スポンサーサイト



  1. 2014/07/21(月) 15:44:31|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オープン・マインド | ホーム | 正法眼蔵随聞記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1441-a98ae22d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)