FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

本能的マインド(2)

本能的マインド(2)

人体に備わった神経系を含め、
同じ仕事をする細胞群をコントロールしている
中心的役割を果たすセンターがあるはずです。

もしそのような中心が無ければ、
蜜蜂の群れに女王蜂が欠けているのと同じ、
太陽系に太陽が無いのと同じ、
細胞に核が存在しないのと同じです。

社長さんがいない会社を考えることができますか?
つまり、一定の仕事をする細胞群は、
中心となるものによって統括されていると考えるのが普通です。

この考えを進めると、
秘教が伝えているエーテル体のエネルギー中心の存在はもっともと思われますが、
アレキサンダー博士はそこまでは言っていません。

博士の話の続きです。
慢性病で長く患っている患者は、
病状から回復するために必要となる、
肉体の再建に使われる様々な栄養素を、
外部からの食物から吸収せずに、
すでに人体の細胞の中に取り込まれている資料を、
外部から取り込む資料が不足した場合に緊急に用立てするという、
本能的知性が持つシステムによって、
自分の細胞の中から取り込みます。

このスィッチが入っているため、
外部の食物から十分な資料が供給されても、
それを活用しなくなっていると診断されます。

この本能的知性の働き方は潜在意識の働きですから、
患者がそれを自覚することはありません。

その細胞の働き方を変更させるには、
意識を変えることが必要です。

確かに人間の意識を変えることは奇跡に近いことです。

スポンサーサイト



  1. 2014/07/17(木) 20:42:02|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<創造的想像力の活用 | ホーム | 本能てきマインド>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1436-e71bd8b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)