FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

フラクタル構造(4)

フラクタル構造(4)

フラクタル構造についてこれまでシリーズでとり上げてきましたが、
世の中のことを理解するのに、
この概念が提供しているものの捉え方と、
秘教が教える三様相は、
私にとって非常に有益でした。

「ホワイト・マジック」の中で、
秘教徒は具体的形態の世界から、
意味の世界へとの侵入を目指すことが述べられています。

意味の世界というのは、
形態を持たないエネルギーの世界のことだと、
簡単に言えるかもしれません。

形態は内界のエネルギーの特質を象徴するものとなっている、
ということを知っておくといいかもしれません。

そうして外界のものを見ると、
外界のすべての現象が神の思想の一部を顕しているということに気づきます。

人間の姿が神そのものの姿であるということは、
人間の構造を研究すればするほど納得のいくことです。

地球に限って言えば、
現在の科学がとらえていることは、
壮大な宇宙に匹敵する人間の内部で生命が営むことのごく一部であることに、
オープン・マインドの科学者は認めています。
スポンサーサイト



  1. 2014/07/11(金) 23:00:27|
  2. 秘教占星学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人類の危機 | ホーム | フラクタル構造(3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1430-3e999e0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)