FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

フラクタル構造(3)

フラクタル構造(3)

アリス・ベイリー著「ホワイト・マジック」の中に、
「人間の三様相」というタイトルの記事があります。

ギリシャ時代のデルフォイの神託で、
「人よ、汝自身を知れ」という神託があります。
宇宙のリアリティは、
人間の構造の中に示されているということが、
「ホワイト・マジック」の一つの教えです。

人間の構造は宇宙のリアリティを示していると私は理解しています。

キリスト教の中の教えの、
父と子と聖霊という三位一体の教えは、
宇宙的規模の事柄から、
個人の体の構造にいたるまで相似形構造をもっています。

これは秘教占星学のテキストの中では、
「トライアングルの科学」というタイトルで説明されています。

卑近な例で説明しますと、
例えば一つの会社組織を考える時、
その中心には一人の社長さんがいます。

その社長さんを中心に、
会社運営のノウハウというか経営方針という目には見えないシステムがあります。
三番目に箱ものというべきか会社の組織・人事が存在します。

これら三つはあらゆる組織に共通してみることができます。

一個の細胞を見ると、
中心には細胞核があり、
それを取り囲むようにして、
ミトコンドリアや液胞や細胞幕・その他の構成物が存在しています。

目に見えないエネルギーは、
核から供給される細胞特有のエネルギーによって、
構成物を特徴づけています。

太陽系の各惑星は太陽から放射されるエネルギーによって、
いくらか太陽の特徴を表現するのに似ています。

細胞や会社組織も、
その特徴を真に理解するには、
中心や核となっているもののことを理解しなければなりません。

中心となっているものの影響は、
組織全体に大きな影響を与えている、
ということが私の言いたいことです。
スポンサーサイト



  1. 2014/07/09(水) 12:46:41|
  2. 秘教占星学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フラクタル構造(4) | ホーム | フラクタル(3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1429-4f93578e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)