FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

最後のダルシャン(2)

毎日、短い睡眠時間で過ごしてきたから、睡眠不足が蓄積されて、その日はこれまでになく、眠くてしかたがなかった。じっと座っている間にも、いつの間にか、こっくりこっくりと首をうなだれていた。例のごとく、白装束の十五、六人の男性たちの集団がサイガヤトリを高らかに朗唱しながら、中央の通路を行進していく。マンディールの中では、女性たちがスプラバータムのバジャンを歌っている。やがて、鐘がうちならされ、それを合図にして、全員がオームを唱える。もうすぐだ。私の胸が期待感で膨らむ。オームの響きの余韻がおさまって、しばしの静寂が支配する。すると、スピーカーから物憂げな、ヴィーナとタンブラーによる演奏の音楽が流される。それはサイババが姿を現す合図である。ジット目を凝らして、サイババの家の方の通路を見ると、二センチほどの小さな、鮮やかなカーキ色のローブが、ゆっくりと動いている。いよいよ近づいてくるのだな。眠気は一気に消え去り、私はインダビュー・ルームに呼ばれたときを想像して、英語でどんな受け答えをしようかと、考えて英文を頭の中で組み立てていた。
 ところが、である。例のごとく、サイババは、全く男性陣の方には近づいてこなかった。女性陣の方に近づいて、引き返して、そのままインタビュールームに入ってしまった。すると、一人の中年の男性と、その息子さんらしい少年が立ち上がって、二人がインタビュールームへ向かっていった。恐らく、その少年はサイババの学校に入学を希望していて、今からサイババの面接を受けるのであろう。音楽がなり止んだ。今朝のダルシャンはこれでお終いである。私は他の人々をさしおいて自分だけインタビューを受けようとする卑しい心をみすかされたのだと感じた。恥ずかしい気持ちに襲われた。立ち上がって、出口に向かう途中、やや落胆した面もちのパウロさんに出くわした。彼は自分が「十五日までです」と答えたために、今日のイタビューがなかったのだと、どこかで思ったかもしれない。「あの外国の人のインタビューが終わった後、スワミは出てくるから、日本人グループは残って、スワミがルームから出てきたとき、全員で手を振って、スワミに訴えよう」と提案した。私たちは出口から引き返して、ホール中央の演壇のすぐ近くに陣取って、サイババが部屋から出てくるのを待つことにした。
スポンサーサイト



  1. 2010/09/04(土) 04:52:01|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最後のダルシャン(3) | ホーム | 三月十四日、最後のダルシャン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/124-216785aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)