FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

iPS細胞

iPS細胞
京都大学の山中教授が発見したiPS細胞は、
それからあらゆる内臓器官を作ることができる
基となる細胞であると私は理解しています。

具体的形態の世界において、
あらゆる器官に成長させることのできる細胞が
存在しているということは、
秘教科学が
「小さな細胞の中に、
 大宇宙のすべてが潜在的に存在している」
と教えていることの正しさを仄めかす出来事でした。

シークレット・ドクトリンのどこかに
次のように書かれています。

「私は全宇宙に私自身の断片を浸透させ、
 なおも私自身にとどまっている」。

この教えをわずかでも理解するとしたら、
神は至るところに存在し、
どれほど小さなものであろうと、
その中に潜在的に全宇宙に対応するものが
含まれているということになります。

これと関係あるかどうかわかりませんが、
例えば一つの光線の中に、
第一から第七までのすべての光線の特質が
潜在的に含まれているということも納得できます。

未来の心理学で、
光線構造というものが
秘教心理学で言われています。

その光線構造で示されている
一つの光線の特徴が
最も目立つものですが、
他の光線の特徴も潜在的には存在しているということになります。
スポンサーサイト



  1. 2013/09/26(木) 21:45:52|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伝統医学との統合 | ホーム | 愛の表現としての秘教治療>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1215-4e69f4f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)