FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

愛の源

愛の源
大祈願の中の「神の御心の光の源」である
仏陀の光について述べましたので、
「愛の源」について述べます。

ここで述べられている如来とはキリストのことです。
大祈願にはキリストが「神の御心の愛の源」であることが述べられています。

一口に愛と言っても、
愛には色々な種類があることが知られています。

アガペとか
エロスとか
フィレオ(条件愛)などという用語があります。

種類が違っても
愛には変わりがありません。
異なるのは、
意識段階に応じて、
愛の形が異なるということです。

ところでイエスは二千年前に隣人愛を説き、
敵さえも愛するという
愛の異なる様相を示されましたが、
その中に、
当時は奇跡と捉えられていた
病気治療という愛の様相があります。
この愛の様相は時代を経て、
物質様相が強くなるにしたがって
低級な霊治療と堕し、
中には詐欺に近いものを生み出しました。

アリス・ベイリー著「秘教治療」は、
二千年前にイエスによって示された
霊治療という愛の様相を科学的に解説し、
これを理解した人は誰でもイエスが示したような
愛の様相の霊治療を表現できることを示しています。

この愛の様相が多くの人々によって理解されることが、
水瓶座という新しい時代の幕開けとなるかもしれません。
スポンサーサイト



  1. 2013/09/04(水) 21:14:04|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<神の意志 | ホーム | 朝の瞑想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1193-ea4edd05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)