FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

仏陀の光

仏陀の光
仏陀の光は、
知恵の様相であると言われています。

仏陀は四諦八正道を人々に教え、
欲望によって苦難に縛られている人に
その苦難から解放される方法を示しました。

欲望はグラマー(幻影)を発生させます。

仏陀の知恵の光は、
そのグラマーを消散します。

闇の中に光が灯されて、
闇が瞬時になくなるのに似ています。

欲望に囚われている人は、
自分がグラマーに覆われていることに気づいていませんが、
仏陀が発する光を取り込むと
自分を覆っているグラマーから抜け出すことができます。

仏陀の光に接した
或る母親の有名なお話があります。

身寄りと言えばただ一人息子がいた婦人が
その一人息子も病気で亡くします。

母親は半狂乱の状態で仏陀を訪ねて、
息子を生き返らせてほしいと訴えます。

仏陀は言います。
「よろしい、白いケシの実をひとつつまみ、
今まで死者を出したことがない家から貰ってきなさい」
と言いました。

子供を亡くした婦人は、
村中を訪ね歩いて、
「死者を出していないなら、
 白い芥子の実を分けてください」と頼みました。

村人たちは「芥子の実は分けてあげられるけど、
 その条件を満たすことはできません」と答えました。

身内の人を亡くしていない人は
村には一人もいなかったのです。

子供を亡くした婦人は仏陀の下に戻り、
自分を弟子として受け入れてくださいと頼みました。
スポンサーサイト



  1. 2013/09/02(月) 22:04:56|
  2. 秘教占星学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<軍事介入 | ホーム | 正直さ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1190-da28e570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)