FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

おうし座について

おうし座について
「汝の目が一つならば、
 全身が光に包まれるだろう」
とイエス・キリストは述べました。

福音書の中の記述です。

「一つの目」とは、
仏像の眉間に宝石が埋め込まれて
象徴的に示しているように、
第三の目を指します。

星座に詳しい人はご存知でしょうが、
おうし座にはプレイアデス星団があり、
その中のアルデバランという一等星は、
おうし座の一つの目です。

「目が一つになる」という表現は、
「第三イニシエーションを受ける」ということと関係があるのかもしれません。

おうし座の支配星は伝統的占星術では金星で、
そのことと関係があるのかどうかわかりませんが、
おうし座生まれの人は、
黄金を求める人生を送ります。

つまり欲望が他の星座生まれの人よりも強いのです。

黄金と言っても、
物質的な黄金である金銭と
霊的な黄金である仏陀の黄金色の光と
両方の意味があります。

おうし座生まれのイニシエートは、
ちょうど牡牛が猛烈な勢いで突進し、
くるりと方向転換して、
逆の方向に突進する人生を送るということを
秘教占星学は述べています。

何だか闘牛の牛を思い出させますね。

物質的黄金を求める欲望が、
霊的黄金を求める欲望に変化することを言っています。

仏陀の生涯は、
黄金につつまれた王侯貴族の生活から
人間の最高の知恵である
黄金の光を求める人生に変わりました。
スポンサーサイト



  1. 2013/08/09(金) 22:06:55|
  2. 秘教占星学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<異常気象に思う | ホーム | 天秤座について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1166-c1656f2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)