FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

四日目のこと(5)

三時になったので、博物館に向かった。通路にも、仕切り壁にも大理石がふんだんに使われている。屋根の形は日本の寺院を模したものらしいが、どことなく中国の宮殿を思わせる。アメリカに行ったときにも感じたことであるが、外国の人々にとっては、日本と中国の区別がよくつかないようである。日本式庭園と言われているものを見たら、私の目には中国式庭園と見えた。この博物館をデザインした人も恐らく日本人ではなく、インドの人か、日本をあまり知らない外国の人であろう。
 館内をぐるぐると急いで回って、飯島先生制作のサイババ像をさがしたが、どこにもみあたらなかった。新しく作られたこの博物館ではなく、旧来の博物館の方にあるだろう、ということになった。
 ゆっくりと見ることができなかったので、何が展示されていたか、詳しく述べることはできないが、サイババがこれまでに行った数々の奇跡が、その時の状況を人形とイミテーションで再現されていた。その他、世界の五大宗教の開祖たちを紹介するコーナーが設けられていた。各宗教の教えを、ビデオを見せながら解説するコーナーもあった。いつか、機会があればゆっくりと見学したいと、後ろ髪をひかれつつ、その博物館を後にした。

 部屋に戻る途中の廊下で家内とばったりでくわした。同室の人たちと買物に行ったとのこと。後で一緒にアシュラムの外へ買物に出掛ける約束をして、その場は分かれた。
 日が沈んでまもなく、日中の暑さもややおさまりかけた頃、私は家内と一緒にアシュラムの外にでた。道路をはさんで、さまざまな店が並んでいる。道路を挟むアシュラム側には、果物や野菜を並べた露店が並んでいる。反対側には、衣料やサイババの写真、サイババの講話のテープ、サイババのビブーティ。とにかく、サイババに関連するありとあらゆるものが売られている。家内が最初に案内してくれた店でサイラムスイートというお菓子を買おうとしたが、一袋二十ルピーだという。アシュラムのショッピングセンターでは四ルピーで売っているのである。私は即座に「ノー、アイ、ドント、バイ、イット」と答えて、その店を出た。交渉してもっと安くできたかもしれないが、明日になれば、ショッピングセンターで買うことができる。
 次に訪れた店は、神像や祭具を販売する店であった。家内はガネーシャ神ともう一人の名前はわからないが、二人の神の像を、手の平に収まるぐらいのビャクダンの木に彫刻したもので、小さなチョウツガイでつながっていて、二つの像を重ねて内側にしまうことができるものを欲しがった。家内の話しを聞くと、それは私が買って持つべきものだという。値段を聞くと、五千円だという。もちろん、日本だったら、三万円ぐらいはするものである。私は、日本円は持っていないし、そんな値段では買えないと答える。じゃ、三千円にするという。ルピーでは一千ルピーである。そこで手を売って買うことにした。
スポンサーサイト



  1. 2010/08/25(水) 00:36:19|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<四日目のこと(6) | ホーム | 四日目のこと(4)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/112-f4d82bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)