FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

アンターカラナについて

アンターカラナについて
このブログの訪問者の多くの方が、
「アンターカラナ」と題された
BCのリトグラフをご存知だと思います。

上下に並んだ二つの円(球体)が
光の通路で結ばれている絵です。

あれとそっくりな景色を目撃したというお話です。

私はかつて新聞配達員として仕事をしていたことがあります。
ある日のこと、
たぶん春分の日ではなかったかと思います。
新聞配達を終えて、
販売店から自転車に乗って自宅に帰ろうとして、
東の方にまっすぐに伸びた道路を自転車に乗ってこいでいると、
その道路の2キロほど先の端から、
朝の太陽が坂道の上から
まさに今昇ろうとする情景に出くわしました。
そのぴったりのタイミングに驚くと同時に、
この光景は魂が私に見せるために仕組んだ仕業に違いないと思いました。

というのは、
そのような光景を見ることができるのは、
一年のうちのたった一日、
しかも時間もちょうど日の出の時刻に
そこに居合わせるという
極めてまれな条件が一致しなければ
決して目にすることはできない情景だからです。

その情景をみながら、
「この情景はアンターカラナそのものの姿だ」とそのとき思いました。
私は秘教治療のエネルギーを
操作できるようになったことを確信しました。

ご存知のように、
アンターカラナは、
低位自我と魂を含む高位自我を結ぶ光の橋です。

一般には、
低位自我と高位自我の間には、
大断絶が存在し、
志向者(熱誠家)はその建造を意識して取り組むと示されています。

もっとも治療エネルギーの操作は、
アンターカラナが作られていなくても可能ではあります。

アンターカラナ建造の方法は、
アリス・ベイリーの著書とBCの著書に詳しく書かれています。
私は意識して長い間その建造に努めてきました。
スポンサーサイト



  1. 2013/06/08(土) 21:38:34|
  2. 秘教占星学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイムリーな記事 | ホーム | 蜘蛛の糸>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1103-db9628a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)