FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

無理数野ろう

無理数野ろう
私は大学でサミュエル・ベケットを研究テーマに選びました。
「無理数野ろう」は、彼の処女作「マーフィー」の中に出てくる
ののしりの言葉です。

主人公マーフィーのことを理解できない人が
彼を「この、無理数野ろう!」と言ってののしるのです。

現実社会ではあまり聞くことのないののしりの言葉ですが、
主人公マーフィーにとっては、
彼の姿を正しくとらえた
一種のほめ言葉となっていると私は感じました。

秘教の教えを学んで、
人間は無理数的存在であることをひしひしと感じています。

小学生の算数では、
円周率を3として計算するように
教えていたことがあります。

常識として円周率は3.14として知っている人が
ほとんどであると思いますが、
数学を学習した人なら、
誰でも円周率は3.141516・・・と
無限に続いていることを知っています。

最近のコンピュータは、
円周率を何万という桁まで計算しているということが
話題になったことがあります。

人間も表面的に見えている姿とは別に、
無限に続く奥深さを秘めている
存在であることに気づきました。

秘教的観点からは、
「この、無理数野ろう!」というののしりの言葉は、
実を言えば、最高のほめ言葉ですね。
スポンサーサイト



  1. 2013/05/20(月) 22:45:50|
  2. 秘教占星学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夢の意味 | ホーム | 世界大祈願の日について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1086-17e72d2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)